勝手気ままなどうしようもない日記

by roti-duarats
 
<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
 
ダウン
風邪でダウン。
とりあえず一言だけ。
[PR]
by roti-duarats | 2006-10-24 23:32 | Others
 
回天
「出口のない海」を読んだ。
読んだということは、原作である小説の方を経験したということ。

これを読むまでは、恥ずかしながら、
人間魚雷なるものが旧海軍に存在していたことを知らなかった。
特攻隊も回天隊も、軍隊とはいえ、国民であることに違いない。
そして、その国民を守るべき国が、国民に死を命ずることの理不尽さ。
当時の責任者に非常に憤りを感じる。
と同時に、今の国民に「国のために死んでくれ」と言って、
どのくらいの国民が従うのか想像すると、
時代の差を感じてしまう。

時代の差を感じるといえば、人間魚雷という発想そのもの。
現在の魚雷は誘導方式なので、
人間が魚雷に乗り込んで誘導する必要がない。
技術の進歩のたまものである。

さて、この作品、映画化されているわけだが、
原作を先に読んでしまった以上、映画は見ないだろう。
通常、映画が原作を超えることはないというのが理由。
[PR]
by roti-duarats | 2006-10-23 00:48 | Others
 
地方の特殊勤務手当
会計検査院が地方の財政について報告書を提出。

国会からの検査要請ということで、
その中で地方の特殊勤務手当について検査しろと
言われたらしい。

で、調べた結果が報告されたわけだが、
これは国会から調べろと言われたから調べただけであって、
改善を促す効果がどれほどあるのか不明。
マスコミを賑わすことによって改善の効果が生じるのかもしれない。

中身についてみると、総務省の枠組みに沿って記述がなされている。
国にない手当、給与等との重複、月額で支給の3分類。
気をつけて読まないとミスリーディングだなと思ったのが、
国にない手当の部分。

地方には、税務手当(名称は自治体によって区々)があり、
これは国にはない手当として報告書の中で扱われている。
しかも金額がでかく、目立つ。
が、しかし、である。
国にないのは当たり前、国家公務員の場合、国税当局の人は
行政職俸給表ではなく、税務職俸給表が適用され、
その俸給は普通の行政職よりも高く設定されているからだ。

これを敷衍して言えば、地方、国を問わず、手当を廃止し、
俸給表をたくさん作れば、問題がないのだ。
「清掃作業職俸給表」「窓口職俸給表」などなど。
ぜひともその方向で議論が進むことを期待したい。
[PR]
by roti-duarats | 2006-10-21 00:28 | Others
 
最高裁調査官の気分
最高裁の判決は裁判官が書くものだが、
実際は調査官の意見に左右されるというのは
よく聞く話。

今日、自分の仕事に関して、似たようなことがあった。
ある事案が他部署から上がってきて、上司の決裁に付された。
上司は忙しくて細かいところまで見ていられない。
で、自分が細かく見て、事案の問題点を意見具申し、
その結果、その事案は不問となったのだ。

ちょっと似ているなと思った。
[PR]
by roti-duarats | 2006-10-17 00:49 | Others
 
復党問題
復党を容認する発言をする人、
それに否定的な幹事長。
どちらも選挙をにらんだ発言。

先の衆院選のマニフェストが有効である以上、
復党は認めないのが筋かと思うが。
[PR]
by roti-duarats | 2006-10-15 00:43 | Others
 
失念
フレッツスクエアのガンダム、
仕事が忙しすぎて見逃してしまった。

残念。

3連休は無理矢理休むことに。
みんなは出てくるんだろうなあ。
[PR]
by roti-duarats | 2006-10-07 01:18 | Anime&Manga
 
詐欺罪の不可罰的事後行為
AがBをだまして、Cの口座に金を振り込ませて
Cの口座から現金の一部を回収したとする。
(CはAと共謀して、残りの現金をもらっている)

この場合、金を振り込んだ時点で詐欺罪が既遂となる。
これを表現すると、
 AはBに金を振り込ませて、計○○円の損害を与えたものである
となる。が、何となく弱い印象を与える。
 AはBに金を振り込ませ、C口座から一部を回収して領得したものである
とした方が、何となく悪い人って感じがする。
なぜだろうと考えたが、「領得」という言葉の響きが
自分のポケットに入れる=非常に悪いことという印象を与えるのだろう。

不可罰的事後行為をメインにした方が悪さを強調できるというのも
何か変だが、お金に関しては、現金を手にすることの魅力を
人が無意識のうちに感じているということなのだろうか。
[PR]
by roti-duarats | 2006-10-03 00:49 | Others
 
フラガール
映画の日だったこともあり、映画を鑑賞。
タイトルは「フラガール」

涙あり笑いありで噂に違わぬ名作。

注目はやはり松雪泰子。
気の強い女性を演じさせたら天下一品という感じ。
数年前の救命病棟24時のときもそうだった。

とにかく良い作品だった。
[PR]
by roti-duarats | 2006-10-02 01:03 | Others


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
最新のトラックバック
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
次は庭で全裸予定w
from チリチリ
なんぞコレなんぞぉ!!
from まさーしー
クマたんと呼ばれてます(..
from ヒゲメタボ
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
ふぁいふぁいふぁーい!!!!
from 池ちゃん
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク