勝手気ままなどうしようもない日記

by roti-duarats
 
<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
 
今日最大のニュース
今日最大のニュース。

それは松岡農水大臣。

これに尽きる気がする。
[PR]
by roti-duarats | 2006-09-26 23:26 | Others
 
骨髄ドナー辞退相次ぐ
今日気になったニュース。
骨髄ドナー、辞退相次ぐ(朝日新聞

ドナー登録は増えているが、いざ提供となると
辞退する人が増えているそうだ。

記事中のコメントにあるように、もともと提供の意思がなく、
軽い気持ちで登録した人がいるかもしれない。

が、登録時の状況(家族状況、仕事の忙しさ等)と
提供依頼時の状況が異なっている可能性の方が
大きいかもしれない。

提供依頼時から実際の提供までかなりの時間がかかり、
途中で提供できなくなるという可能性もある。

自分も登録時は仕事上の責任があまりない下っ端だったので、
ドナー休暇を取ることも容易だったが、
今は比較的責任のある地位についてしまったので
それも難しいかもしれない。
また、提供の予定と仕事の予定のどちらが先に埋まるかも大きな問題。
1年のうちで仕事の忙しい時期に提供依頼が来ても受けられない。

何にしても財団が今すぐにできる提供増加策が1つある。
それは「家族の同意」要件を撤廃することだ。
[PR]
by roti-duarats | 2006-09-25 00:02 | Others
 
BLOOD+ 最終回
全話を見終えた感想。

翼手とは何なのか、誰がどうやって作り出すのか、
よく分からない。
ディーヴァのシュヴァリエのことだと理解していいのかな。

話の舞台が、沖縄、ベトナム、ロシア、フランス、イギリス、アメリカと
移動していったのは面白い展開だったと思う。
それぞれの国の景色がうまく描かれていたと思う。

メッセージ性はあまり感じなかったが、あえて考えると、
「人はどう生まれたかではなく、どう育ったかが重要である」
ということになるだろう。
小夜は人ではないが人として育てられ(というのも変だが)、
それゆえ人として人を守ろうとした。
このことを重要視したい。

カイの成長ぶりが見ていて清々しかった。
この作品の見所の1つだ。
特にフランス編からイギリス編にかけて見せたその成長ぶりには
感嘆の声をあげてしまう。

以上が全体を通した感想。
もう1つ付け加えると、最終回のハジ、よかった。
[PR]
by roti-duarats | 2006-09-24 00:44 | Anime&Manga
 
都教委の件
都教委の処分の件で思うこと。

教師はサラリーマンか聖職か。
このどちらに重きを置くかで
今回の問題の結論が違ってくる。

聖職であれば子供の前で自分の信念を貫くのもありだろう。

が、子供の前で社会のルールに従う姿勢を見せるのも
重要な仕事だと思う。
その社会のルールには、上司の指示に従うことも含まれる。

サラリーマンであれば上司の指示に従うのは当然。
従わなければ処分を受けてもしょうがない。

「自分は君が代日の丸に抵抗感があるが、
社会のルールに従うのも重要なことなので、
校長の指示に従っている」

これでいいのではないのかなと思う。
[PR]
by roti-duarats | 2006-09-23 16:35 | Others
 
来週からの仕事
来週からタコ部屋勤務。
といっても期間限定、わずか1ヶ月だけなのだが。
なんとか更新が滞らないようにしていきたいもの。
1ヶ月だけの理由は、ヘルプだから。
[PR]
by roti-duarats | 2006-09-23 00:38 | Others
 
約款って略称じゃないのか
仕事で「約款」という用語を使用。
そのときは「契約約款」という形で使用した。
で、ふと思った。
約款は略称じゃないのか、
正式名称は「契約●款」じゃないのか。

で、商法のテキストをあわてて調べると、
「契約条款(約款)」
と書いてある。

ということは、「契約約款」と言ってしまうと、
「契約契約条款」ということになってしまい、
契約という言葉が重複してしまうのだ。

しかし、ネットで「契約約款」を検索すると
たくさんヒットする。
これはどういうことかしばし考えたが、
要は語呂がいいので契約条款と言わずに、
契約約款ということになったのだろう。
[PR]
by roti-duarats | 2006-09-20 00:18 | Others
 
移籍問題
平山の移籍に関して、
ヘラクレスの会長は「移籍金を払ってもらった」と言っているのに対して
FC東京側はそれを否定している。
(ニュースソースはスポーツ報知)

一体どっちが正しいのだろうか。
もらってないのにもらったと言う人は普通はいないだろうから、
移籍金の授受があったと考えるのが自然か。
真相は不明。

やくざの立ち退きに立退料は法的には不要だが、
払った方がスムーズなので払ってしまうことが多いらしい。
それと似たようなものか。
[PR]
by roti-duarats | 2006-09-15 23:17 | Others
 
無事移籍
平山がFC東京に無事移籍できて良かった。

それにしてもヘラクレスの会長さん、
どういうつもりで移籍証明を出さないなんて言ったんだろうか。
だめもとで日本人から金を巻き上げようと思ったのかな。
FC東京が最初の段階で払う意思がないことを明確にしたのが
良かったのだろう。
もし、FC東京が交渉のテーブルに着いていたら、
話がこじれていたかもしれない。
外国人を相手に手本となるような態度だった。
[PR]
by roti-duarats | 2006-09-14 23:59 | Others
 
飲酒運転できない車
自動車メーカー各社が飲酒運転できない車の開発を検討とのこと。

はっきりいって遅すぎたくらいだ。
いくら刑罰を重くしても、懲戒処分を厳しくしても
人間の意思というのは弱いもので、
酒を飲んでも大丈夫と思って運転してしまうもの。

人間は酒を飲んでも運転をしようとする生き物であることを前提に
飲酒運転防止を考えるべきであり、
この観点から、今回の自動車メーカーの発想は正しいと思う。

実現には関係省庁との協議も必要で、時間がかかるとのこと。
国土交通省(自交局?)と警察庁か?
少しでも早く実現させて欲しいものである。
[PR]
by roti-duarats | 2006-09-13 23:39 | Others
 
郵政民営化とはそういうことだ
郵便局の再編。
集配局の集約。

民営化すればコスト削減は必至。
郵政民営化とはそういうことだ。

これが本当にサービスの低下につながるのか
よーく考える必要はある。
というのも集配局がなくても、郵便物はちゃんと出せるし、
ちゃんと届くからだ。

今後の可能性としては、配達日の集約ということが考えられる。
集配エリアが広がると、毎日配達するのは大変になるからだ。
A地区には偶数日、B地区には奇数日の配達とかになるかも。
そうすると配達日数が延びることになるが、
早く届けたい人は速達を使えということになるのか。
[PR]
by roti-duarats | 2006-09-12 01:12 | Others


以前の記事
最新のトラックバック
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
次は庭で全裸予定w
from チリチリ
なんぞコレなんぞぉ!!
from まさーしー
クマたんと呼ばれてます(..
from ヒゲメタボ
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
ふぁいふぁいふぁーい!!!!
from 池ちゃん
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク