勝手気ままなどうしようもない日記

by roti-duarats
 
<   2005年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧
 
副作用
朝、鼻水が止まらなかったので、会社に着いてから市販の鼻炎薬を飲んだ。
(商品名は忘れた)
その副作用で、1日中、体がだるく、眠い。
仕事が一段落していることもあって、思い切って寝てしまった。
普通なら目覚めたあと、すっきりとした感覚があるのだが、
今日は全くダメで、ずーっと眠いままだった。
[PR]
by roti-duarats | 2005-11-30 21:55 | Others
 
assimilation
There was something I just couldn't lose.
But in order to protect it, I had to sacrifice small things.
I didn't know what at the time,
but we're to lose everything in the end.
I had to keep protecting it.
[PR]
by roti-duarats | 2005-11-30 01:39 | Anime&Manga
 
恋人たち
仕事が速く終わったので、ZGⅡを見た。
(スーツじゃ少し恥ずかしいかなと思い、一旦帰宅)
意外に女性客が多かった(3割から4割くらいか?)
当初からのガンオタか、SEEDの影響でガンダムに興味を持ったか不明。
(ガンダムWという可能性もありますね)

で、巷で問題となっている声優交代の件ですが、
 確かに元のままの方が良かったが、このためにZGⅡを否定するほどではない
というのが素直な感想。
フォウとサラの変更が大きく、特にフォウの方はDVD版では元に戻せという
主張もネット上ではあるようだ。
まあ、私の感想だと、フォウよりサラの方を元に戻してほしいと思ったけど。

以下、内容に関してです。

「恋人たち」という副題が示すとおり、男女の仲が意識されて描かれているな
と思いました。これはこれで受け入れられる展開。
ヘンケン艦長が、ラーディッシュにカツを受け入れる代わりにエマさんも
寄こせとブライトに言ったところの流れは笑ってしまいました。
ZGⅡで非常に残念だったことは、シャアのダカールでの演説がカットされていたこと。
「私は、かつて、・・・」  聞きたかった。

ZGⅢは3月4日公開か。あと3ヶ月。
副題が「星の鼓動は愛」
何か、こちらが恥ずかしくなってくるような副題だ。
[PR]
by roti-duarats | 2005-11-29 22:11 | Anime&Manga
 
マンガで読む防衛白書
昨日、新宿に用があったついでに紀伊国屋に立ち寄った。
で、ふと政府刊行物の棚に近づくと、なんと、
「マンガで読む防衛白書」
なるパンフレットが350円で売ってあったので、思わず買ってしまった。
恐るべし防衛庁。っていうか、誰が考えたんだ。
自分もこういう仕事をしてみたい。
(「こういう」=「仕事を国民に分かりやすく伝える」ということです)

マンガの主人公は、「でこ」という女の子と、クマと、コンピュータで、
女の子がどちらかというとタカ派、クマがハト派という設定。
で、これを会社に持って行って、読んでいると、職場の人が一言
「このキャラクター、エヴァのアスカに似てるね」
言われてみれば、そうかもしれない。
クマに向かって「ばっかじゃない」とか言えば完璧か?
(そんな台詞はありません)
何にしても、これを作った人は、テロリスト=使徒、BMD=A.T.フィールド
と想像して作ったに違いない。
(単なる想像です)
[PR]
by roti-duarats | 2005-11-29 00:53 | Others
 
雷鳴
非常に遅ればせながら、今日やっと雷鳴を買った。
で、まずしたことが、DVDの鑑賞。
はっきりいって、雷鳴のPVではない。
イニDのPVである。
スキール音やエンジン音のせいで曲はよく聴き取れないが、
笑わせてもらった。
いや、ほんとにイニDに合ってる。

yuriがバスローブの裾の乱れを直した時の拓海の表情、よかった。
なつきじゃなくてyuriの方がよかったりして。
[PR]
by roti-duarats | 2005-11-28 23:08 | Music
 
今日の寄席
今日は浅草演芸ホールに寄席を見に行った。
浅草は昼夜入れ替え無しなので、昼の部の最後の方から見た。
最初は立ち見だったが、昼の部が終わったところで運良く席をゲット。
ただし、前方右端だったので、席が左に傾いていて体がきつかった。
(床のコンクリートの打ち方が水平ではないのだ)
おまけに席の幅も狭い。それでも座れただけでも良かった。
後ろを振り返ると立ち見の人がいたくらいだから。
今日は、小朝、正蔵、いっ平が出るからだろう。
(自分もそれが目当ての1人)

噺の方はというと、なぜだか今日は桃太郎が2回聞けた。
というか、聞かされた。何か理由があるのだろうか。
それと、いっ平もあれだけ「いずれ三平の名を継ぐ人」と言われると、
プレッシャーになるだろうな。
[PR]
by roti-duarats | 2005-11-27 22:43 | Others
 
思いだけでも
「思いだけでも、力だけでも、だめなのです」

昨日の続きで、第34話、ラクスがキラにフリーダムを託す場面です。
最初に聞いた時から、仕事にあてはまるなあと思ってました。

 やる気はあるが、能力がない課員。
 能力はあるのに、やる気がない課員。
上の者としてはどちらも困りものだが、どちらかというと後者の方が
対処しにくいかなと思う。
前者に対しては能力にあわせた仕事を割り振ればよく、また、仕事の
やり方を指導するなどして対処する方法もある。
が、後者に対してはメンタルヘルスも含めて総合的な対処が必要に
なりそう。人員に余裕があれば、無視するという手もありか?
いずれにしても大変そう。
職場にコーディネイターがいればいいのに。
[PR]
by roti-duarats | 2005-11-26 23:08 | Anime&Manga
 
SEED
ガンダムSEEDを再度見返した。
(これはリージョン1ではなく、通常の国内版。当時ハマって買い揃えたのだ)
見たのは第8巻(Phase29-32)、第9巻(Phase33-36)

何度見返しても名作だと実感させられてしまう。
特に30-40話はすばらしいの一言。
まず、玉置成実の「Believe」。度肝を抜かれました。
それと、アヴァンタイトルとBelieveとのつなぎ方。
秀逸の一言です。特に全50話中第33話はNo1でしょう。
さらには声優さんの名演技。
31話の「殺されたから殺して・・・」のところの進藤さん石田さん、
「私だってできることなら今すぐ助けに行きたいわ」の三石さん。
すばらしすぎます。涙出てきました。
BGMもいい。FictionJunction featuring Yuukaの「暁の車」。
TMRevolutionの「Meteor」。

ほんっとに名作。DESTINYをなかったこととして、SEEDで完結したものと
思いこんでしまいたいくらい。
[PR]
by roti-duarats | 2005-11-25 23:52 | Anime&Manga
 
引用、リンク再考
かつて、引用とリンクについて考えてみたことがあるが、
日経新聞(朝刊)11月21日付け19面の「リーガル3分間ゼミ」を読んで
再び考えてみた。

まず、新聞社はネット利用に関して以下のように考えている。
1 ネット上の記事にも著作権が及ぶ。
2 著作物は私的使用の範囲で利用が認められる。
3 個人のネット上での利用は、大衆が閲覧しうるから、私的使用ではない。
4 よって、個人がネット上で記事を利用することは認められない。

この根拠規定が著作権法30条。
著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
(各号省略)

ところが、同法32条に次のような規定がある。
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

で、個人がブログで引用することの目的が「報道、批評、研究その他」に当てはまるか
ということが問題となるが、何かあいまいでよく分かりません。
たぶん広く認められるんでしょう。

ということは、ブログでの引用が認められることになり、
これは新聞社の主張と真っ向からぶつかるように思えます。
一体どうなってるんでしょう。さっぱり分かりません。というか、分からなくなりました。
(一応、今まで引用禁止と思いこんでいたので)

ちなみに、リンクに関して、冒頭の記事によると、
たとえリンク禁止とされていてるページにリンクを張っても、
ネチケットには反するが法的には問題はないらしい。
ということは、読売新聞が個別の記事にリンクを張るのはやめてくれって
言ってるのにリンクを張った場合でも、法的には問題ないっていうことだ。
そうかそうか。
[PR]
by roti-duarats | 2005-11-24 23:14 | Others
 
ミリ・オタへの道
ミリ・オタといっても、ミリアリアについてのオタクのことではありません。
ミリタリーオタクのことです。

ちょっとしたわけがあって(といっても大したことではないが)、
 「海上自衛隊パーフェクトガイド」(学研)
を購入してしまった。
で、中身が結構おもしろい。
なぜか、艦船を見ているとワクワクしてくる。
たぶん、艦船が非日常世界のものだからだろう。
映画「亡国のイージス」の世界だーとか言って独りで盛り上がっている。

これでミリタリーオタクへ少し近づけたかな。
どこまで極められるかは、今後の精進の仕方しだい。
[PR]
by roti-duarats | 2005-11-23 23:51 | Others


以前の記事
最新のトラックバック
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
次は庭で全裸予定w
from チリチリ
なんぞコレなんぞぉ!!
from まさーしー
クマたんと呼ばれてます(..
from ヒゲメタボ
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
ふぁいふぁいふぁーい!!!!
from 池ちゃん
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク