勝手気ままなどうしようもない日記

by roti-duarats
 
カテゴリ:Penguin( 26 )
 
コウテイペンギン絶滅のおそれ
毎日新聞に出てた。
そうなったら、非常に困る。
というか、悲しい。
ピングーのために、温暖化防止に協力しないと。
[PR]
by roti-duarats | 2009-01-28 22:30 | Penguin
 
モバイルスイカポスター
今、JR東日本の駅、電車の中で張ってあるポスター、
なかなかいい出来だ。
やはり、ペンギンが人鳥なだけある。
[PR]
by roti-duarats | 2008-07-15 00:03 | Penguin
 
アオサギ
上野動物園に行った。
アオサギをみて「ペンギンだーっ」という子供がいた。
以前行った時は大人も間違えてた。
確かに似ていなくはないが、違う鳥だろー。
[PR]
by roti-duarats | 2008-03-23 21:13 | Penguin
 
ファミマスイカキャンペーン
ファミリーマートのスイカキャンペーン、
結構いいかんじのものが当たるので、
応募しようと思ったら、
「携帯電話からのみ」
となっていた。残念。
ウィルコムユーザーを捨てないでくれ。
マイボトル、欲しかった。
[PR]
by roti-duarats | 2008-01-17 22:29 | Penguin
 
654g
今日は計量記念日。
各動物園では、当然のごとく、動物の計量が行われたようで。

1番気になるのは、当然、アドベンのコウテイペンギン。
1週間前は400gだったのが、一体何グラムまで成長したのか、
非常に楽しみだったわけだが、
今日、公式サイトで確認したところ、何と、
 654g
でした。でかくなった。写真で見ると、1週間前はしわくちゃだったのが、
ふくよかになって、ますますかわいくなっている。
実物に会いに行きたいものだ。
[PR]
by roti-duarats | 2007-11-01 19:52 | Penguin
 
歓迎&見送り
コウテイペンギンのひなが生まれたので、歓迎しに白浜に行ってきた。
まだ生まれたてで、自立できておらず、しわくちゃで
コウテイのヒナらしいかわいらしさはまだまだだったが、
それでもかわいかった。2ヶ月後が楽しみ。
ふっくらしてかわいくなっているだろう。

で、ついでに、というか本来はこちらが主目的のはずだが、
双子の見送りをしてきた。
さすがに足もなく、朝も起きられない状態では、
朝4時半にエントランスで見送りというわけにいかず、
前日の夕方の歓送会に出席。
結構コアなファンがいて、前回(夏)行った時にお見かけした人々も臨席。

それにしても、中国側がおかえりなさいというスタンスでいることが気に入らない。
いらっしゃいならまだしも、おかえりなさいは事実と異なるだろう。
[PR]
by roti-duarats | 2007-10-30 02:31 | Penguin
 
コウテイに会える水族館
ウィキペディアで「コウテイペンギン」を検索した。
先日検索した時は、
 このペンギンを見られる水族館
の欄が
 名古屋港水族館
 南紀白浜アドベンチャーワールド
 旭山動物園
となっていて、「うそつくなよー、誰だよ、こんなウソ書き込んだのは」
と思った。旭山にいるのは、オウサマだから。
で、今日見てみたら、旭山は削除されていた。
これが正しい。
日本でコウテイが見られるのは、名古屋と白浜だけ。
白浜が本家で、名古屋が白浜の分家なんだけど。
[PR]
by roti-duarats | 2007-08-10 21:55 | Penguin
 
船員もひどいことを
アラスカ沖で見つかったフンボルトペンギン、
船員が一時的にペットにした後、アラスカ沖で放鳥したらしい。
あわれフンボルトペンギン。
日本人も「捕まえる」という行為はやっていたので強く非難できないが、
でも日本人は必ず日本に連れ帰り、水槽で飼っていた。
アラスカ沖で放鳥するのはひどいんじゃない?
他の生き物に襲われるかもしれないし、
エサにありつけないかもしれないし。
[PR]
by roti-duarats | 2007-06-13 22:15 | Penguin
 
皇帝ペンギンにインスパイアされたのか
ハッピーフィートを見た。
劇場での予告編を見ただけで
公式サイトでのストーリーのチェックなどは何もせず、
特段の情報は持たずに見た。
予告編を見て、本編を見たいと思ったわけではない。
そんなに面白いことはないだろうとさえ思った。
では、なぜ見に行ったか。
それは、単にペンギン好きだから見に行っただけのこと。

見に行った感想だが、いい意味で裏切られたという感じ。
予告編を見た時は、醜いアヒルの子的なストーリーかと思っていたが、違った。
結構、面白い。
ただし、「皇帝ペンギン」にヒントを得たと思われる部分が、
ペンギンの生態を描いた部分で見受けられた。
見る人によってはパクリとみるかもしれない。
ストーリー的には、終盤の展開が面白い。
詳細は省略するが、そういう描き方があったかという感じ。

細かいところで誤りを指摘すると、
 イワトビペンギンは南極大陸にはいないこと
 フンボルトペンギンとコウテイペンギンは水族館では同じ水槽で飼育するのは
 不可能であること
に反する描写があった。ペンギン好きならすぐに気がつくだろう。
[PR]
by roti-duarats | 2007-03-21 22:57 | Penguin
 
アドベンチャーワールド(ペンギン)
昼過ぎに大阪を発って、18きっぷで4時間かけて白浜へ。
サマーナイトアドベンチャーと称して夜9時まで営業していたので、
夕方からではあるがアドベンへ。
5時直前に着いたら、5時からの安い入場券での入場待ちの人がたくさんいた。

アドベンは広いので、まずはペンギンから。
ここのペンギンは大きく2カ所にわけられる。
1つは「ペンギン王国」、もう1つは「海獣館」。

ペンギン王国には、オウサマとジェンツー、イワトビがいる。
初めてアドベンに来た時に、王国2階を見てめちゃくちゃ感動したのは
今でも覚えている。
うじゃーーーーっとペンギンがいるのだ。
こんなにたくさんのオウサマは見たことがない、というくらいに。
圧巻である。
そして、1階ではヒナを飼っている。
これがまたかわいいのである。茶色くてモコモコしていて。
ヒナは4羽いて、孵化後10日、2週間、3ヶ月とあとすこしで成鳥というやつ。
あと少しで成鳥というやつはほとんど生え替わっていて、茶色い毛を
背中と首の当たりに少し残す程度になっていた。
3ヶ月の奴はまさに茶色いモコモコくんで、成鳥よりも横幅がありモコモコしていた。
10日と2週間のはまだ小さくてモコモコしていなかったがこちらの方が
お客さんの目を引いていたようだ。
ここで、全く無知なお客さんが、10日と2週間の奴を見たうえで、
3ヶ月のモコモコ君をさして「これって親子かなあ」と言った。
世の中の人があまりペンギンに詳しくないのはしょうがないとして、
この発言はひどすぎる。
もっと勉強してから見に来いと言いたい。

そして、海獣館には、コウテイ、アデリー、ヒゲ、オウサマがいる。
数年前まではオウサマはいなかったのだが、王国で飼育できないくらいに
増えたせいなのかどうかは知らないが、オウサマも海獣館に移住してきている。
本来は海獣館は南極のペンギンを展示するところだから、
亜南極に住むオウサマをここで飼うのはおかしいし、環境的にもよくないと
おもうのだが、アドベンは一体何を考えているのだろう。
それにオウサマのせいで、コウテイが目立たなくなったし。
まあ、自分はペンギンにちょっと詳しいので、コウテイとオウサマの見分けくらいは
簡単にできるのだが、一般人の中には混乱している人もいたようだ。

こんな風にたくさんのペンギンがいるアドベン、非常にいいのだが、
水槽のガラスが汚いのがいただけない。
王国の方は構造上ガラスを拭くことができるので、まだきれいな方だが、
海獣館は全くダメ。
似たような構造の名古屋水族館なんかはダイバーの出で立ちをした従業員が
ガラスを拭いていたのだが、アドベンはそんな気はないようだ。
猛省を促したい。

あと、アドベンのペンギンで忘れてはいけないのが、ケープペンギン。
以前はちょっとわかりにくいところにいたのだが、
最近は昼間のみだがペンギン王国1階の出口の外側で飼われているようだ。
本来の場所はアニマルランド(アシカショーの場所)の奥、
マニアしか見つけられないような場所にいたのだが、少し出世したようだ。

以上がアドベンのペンギン。早くコウテイのヒナを見たいな、早く生まれないかなと
いうのが今の希望。
[PR]
by roti-duarats | 2006-08-19 13:46 | Penguin


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
最新のトラックバック
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
次は庭で全裸予定w
from チリチリ
なんぞコレなんぞぉ!!
from まさーしー
クマたんと呼ばれてます(..
from ヒゲメタボ
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
ふぁいふぁいふぁーい!!!!
from 池ちゃん
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク