勝手気ままなどうしようもない日記

by roti-duarats
 
最低投票率は必要か
国民投票における最低投票率は、株主総会特別決議の定足数みたいなものか。
定足数は定款で排除できたと思うので(←不確か)
パラレルに考えるなら、最低投票率も不要ということか。

硬性憲法の趣旨を貫徹するなら、総有権者数の過半数ということになるのだろうが、
これは憲法96条に明らかに反する。

会社法のごとく(会社法309条)、最低投票率50%というのも考えられるが、
衆議院議員総選挙の投票率が、最低だった平成8年の時でも「59.65%」、
(ちなみに郵政選挙だった前回は67.51%)
だったことから、あまり、というか全く意味のない規定になってしまうと思われる。

やっぱり、最低投票率の規定は盛り込めなさそうだ。

ところで、憲法96条では国民投票は選挙と一緒でもいいことになっているが、
実際の法律では、この可能性を排除している。
与党としては当然のことだろう。
衆参で3分の2を占めて、憲法改正発議をしたのに、
野党側に選挙の争点にされて議席を失うようなことはするはずないから。
[PR]
by roti-duarats | 2007-05-15 23:45 | Others
<< 分断国家 純情 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
最新のトラックバック
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
次は庭で全裸予定w
from チリチリ
なんぞコレなんぞぉ!!
from まさーしー
クマたんと呼ばれてます(..
from ヒゲメタボ
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
ふぁいふぁいふぁーい!!!!
from 池ちゃん
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク