勝手気ままなどうしようもない日記

by roti-duarats
 
Amendment Second
乱射事件に関して、まずは、条文を引用。

Amendment II
A well regulated militia, being necessary to the security of a free state,
the right of the people to keep and bear arms, shall not be infringed.

和訳すると、
 修正第二条
  規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、
  人民が武器を保有しまた携帯する権利は、これを侵してはならない。
となるらしい。(在日アメリカ大使館ウェブサイト)

条文を読んだ限りの感想。
(1)「武器」に銃は含まれないと解釈できるのではないか。
(2)「規律ある民兵」が必要だから、銃を保有する権利があるとするならば、
 「人民」の範囲は「規律ある民兵」に限れば十分であり、
 乱射事件を起こすような人民には権利は保障されないと解釈できるのではないか。

(1)はちょっと無理がある(現代において武器といえば銃だから)が、
(2)の解釈は成り立つのではと思う。これは価値判断の問題だが。
とはいうものの、この感想はあくまでも字面を見ただけの感想であり、
アメリカの歴史、これまでの経緯等を考慮したものではない。
これらを理解しないと、正当な解釈は難しいのだろう。
朝日新聞の記事で、
建築専攻の1年生、ロバート・バストさん(18)は、ガールフレンドがホールで背中を撃たれたという。「銃は狩猟のためだけに許されるべきだと思う。アメリカ社会を象徴する事件だとは思われたくない」と無念そうに朝日新聞の取材に答えた。
とあるが、これはおそらくアメリカ社会を象徴する事件と思われるだろう。
個人がどう考えようと、政府が施策を採らない限り、
国に対する外国からの印象は変わらないもの。
[PR]
by roti-duarats | 2007-04-18 23:21 | Others
<< m.o.v.e がAnimel... 国民主権 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
最新のトラックバック
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
次は庭で全裸予定w
from チリチリ
なんぞコレなんぞぉ!!
from まさーしー
クマたんと呼ばれてます(..
from ヒゲメタボ
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
ふぁいふぁいふぁーい!!!!
from 池ちゃん
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク