勝手気ままなどうしようもない日記

by roti-duarats
 
英語教育は手段を教えているにすぎない
ブロードキャスターを見ていたら、英語エマージョン教育の場面で、
藤巻氏が面白いことを言っていた。

仕事の世界では、一番いいのは、英語ができて、仕事もできる人。
次にいいのは、英語はできないが、仕事はできる人。
この辺はよく分かる話だ。
で、次が、英語も仕事もできない人で、
一番やっかいなのが、英語はできるが仕事ができない人なんだそうだ。
仕事ができないのに口ばっかり出してくるからだそうだ。
で、これを英語教育に置き換えると、
一番いいのは英語もできて、他の教育もできていること。
どうしようもないのは、英語はできるが、他がさっぱりな人ということになるのだ。

面白い発言だ。確かにそう思う。
ただ、人間のキャパには個性があり、様々なので、
二兎を追うべきなのか、二兎を追っても大丈夫なのか、
子供の個性をよーく考えて親が教育方針を立てないといけないんだろう。
[PR]
by roti-duarats | 2007-02-17 23:43 | Others
<< 硫黄島の星条旗読了 羽田競争 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
最新のトラックバック
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
次は庭で全裸予定w
from チリチリ
なんぞコレなんぞぉ!!
from まさーしー
クマたんと呼ばれてます(..
from ヒゲメタボ
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
ふぁいふぁいふぁーい!!!!
from 池ちゃん
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク