勝手気ままなどうしようもない日記

by roti-duarats
 
検察控訴
広島女児殺害事件で検察側も控訴。

この事件に関しては、佐木隆三氏がYomiuriWeeklyに
面白いことを書いていた。
ずばり、「職業裁判官の限界」なんだそうだ。
事実認定は検察主張のとおりであるのに、
量刑判断で永山事件に縛られているのは、
職業裁判官の限界そのものらしい。

確かに裁判員制度が導入されれば、この辺は変わるかもしれない。
一般論としては、量刑に市民感覚が持ち込まれることになり、
その結果、判例に縛られない量刑判断もあり得る。
が、個々の裁判員が、個々の事件を目の前にして
ずばり死刑判決を下せるかは微妙な問題。
たとえ合法的であっても人を死に追いやるのは、
躊躇するのが普通だろう。
さらに、今回のように被告人が外国人の場合、
冷静に日本人被告と平等に扱えるかも問題になる。

だから、今回の件は「職業裁判官の限界」であるのは確かだとして、
裁判員制度を導入すれば解決するってものではない、
と思う。
じゃあ、どうすればいいのって聞かれると困るのだが。
[PR]
by roti-duarats | 2006-07-15 00:42 | Others
<< ふしぎ大陸南極展 戦いの中で戦いを忘れた >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
最新のトラックバック
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
次は庭で全裸予定w
from チリチリ
なんぞコレなんぞぉ!!
from まさーしー
クマたんと呼ばれてます(..
from ヒゲメタボ
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
ふぁいふぁいふぁーい!!!!
from 池ちゃん
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク